読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chokokoreito

ちょここが毎日をまったりと生きています。

chokokoreito
◆ちょここれいと◆



愛するあなたへ… 【R16指定・写真アリ。お食事中は読まないでください】

f:id:chokokoreito:20150515151110j:plain

熱く燃えさかる太陽。

風もなく、ただセミの声だけが響く空。

 

あなたは私を見上げ、小さな声で、

「一緒に暮らそう」

そうつぶやいた気がした。

 

あなたを抱きしめて、ずっと一緒と誓ったあの日。

 

もう、10年も前のこと。

あの時の気持ちを忘れない。今もずっと変わらない。

 

愛しい日々

共同生活を始めた頃は、あなたの性格や癖に戸惑い、

眠れない夜もありました。

 

私の太ももの間に、ご自慢の長いモノを挟み込み、

スヤスヤと吐息を立てるあなた。

 

まるで、ずっと前からの定位置だったかのように振舞うから、

少し緊張している自分が恥ずかしくなって、

あなたに気づかれないよう、身動きせずに朝まで我慢していたのですよ。

 

生活に慣れた頃、

大きな病気にかかり、心を閉ざしてしまったあなた。

毎日お見舞いに行き、大丈夫だよと声をかけても、

顏を背け、こちらを見ようともしない。

 

私は泣きました。

病院から帰る途中、雨に降られて風邪をひきました。

悲しかったのは、自分を拒まれたことではなく、

ふさぎこんでしまったあなたの姿が、あまりに小さく見えたから。

 

翌日お見舞いに行くと、

看護師さんに手を取られ嬉しそうに目を細めていたから、

嫉妬しましたよ。

 

こんなに心配しているのに。

こんなにあなたのことが好きなのに。

あなたが居ない部屋で、私は一人泣いて過ごしたのに。

 

でも、良かった。

あなたは男。女が好きなのは当たり前。

元気になってくれれば、それだけで嬉しい。

 

病気は治らない。

 

退院してからも、一生治療食しか食べられない。

つまらない食事。禁欲生活。

 

どうか腐らずに、生きる喜びを感じて欲しい。

私はあなたとの時間を大切にします。

 

ぼんやりと見つめ合う。

手を重ね合わせ、温もりを感じる。

耳をそっとなでて、愛をささやく。

 

いつかあなたは死ぬでしょう。

私の想いを置き去りにして。

 

私はきっと泣くでしょう。

泣いて泣いて、涙が枯れてしまうほど泣くでしょう。

 

あなたなしで生きてく自信がありません。

 

でも、空の上に一緒に行くことはできない。

私には家族がいます。

夫と娘たち、そして、あなたの弟。

 

残される者の悲しみがわかるから。

あなたを失った私と同じように、私が死ねば彼らも悲しむ。

 

あなたを看取るのは、私です。

最後の最後の時までそばにいます。

 

どうか、その時がずっと先でありますように。

せめて、そう願わせてください。

 

それからもう一つだけ、

愛するあなたに、お伝えしたいことがあります。

 

それは……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

う○ちはトイレでお願いします。

 

玄関でしないでください。

布団の上でしないでください。

ザリザリとした新しい砂を補充しました。

どうかお願いします。

 

う○ちは、所定の場所でお願い致します。

 

注意書き

猫ちゃんがおトイレ以外で粗相をしてしまう理由はいくつか考えられます。

 

・ストレスを感じている

・クセになった

・体調が悪い

・しつけができていない

 

彼は、我が家に来た2年目に腎臓の病気をしました。

尿が詰まってしまい、膀胱が破裂する寸前に手術を受け、現在に至ります。

 

症状は治まったものの、一般食では病気が再発する恐れがあり、

腎臓病専用の治療食を食べています。

 

手術後一週間の入院を経て退院。

それ以降、彼は時々ステキな場所を見つけては排泄してくれます。

 

彼は微塵も悪くありません。

不満・不安・不信・不機嫌。

すべて私の責任です。

排泄物を見つけたら、直ちに捨てて除菌しています。

 

私ができることと言えば、

彼が快適に暮らせるように、おトイレを掃除し、

部屋を整え、新鮮な水とエサを用意する。

 

爪を切り、時々は体を洗い、歯のチェック。

 

同居の若い猫とケンカしないように仲裁に入り、

抱っこして、眠りにつくまで撫で続ける。

 

ただ彼のそばにいることしかできない、バカな女です。

 

大切なあなた

あの夏の日、

人気のない空き家の陰から、ヨタヨタと現れた小さな子猫。

 

見ず知らずの人間である私に「みぃ」と鳴いて、長いしっぽをこすりつけてきた、あなた。

 

運命だったのでしょう。

一目ぼれです。

 

私はずっと、あなたの下僕。

出会えて本当に良かった。

 

愛しています。

長生きしてください。

 

でも、う○ちの件だけは、できたらお願いします。

 

f:id:chokokoreito:20150515151157j:plain